alt=
2013年3月
« 2月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
加藤 孝司/KATO Takeshi
Design, Real Landscapes

デザイン・ジャーナリスト。東京は浅草生まれ。建築・デザインを横断的に探求、執筆。
デザイン誌や建築誌などへの寄稿をはじめ、2005年よりはじめたweblog『FORM_story of design』では、建築、デザイン、映画や哲学など、独自の視点から幅広く論考中。
http://form-design.jugem.jp



「東京クリテリウム・プロジェクト」

2010年より2年以上の時間をかけて、西新宿を舞台に有志のメンバーで対話を積み重ねてきた都市計画的な視点からの研究会、「西新宿21世紀化街区研究会」。その第一弾プロジェクトとなる、「東京クリテリウム・プロジェクト」の第一回フォーラムを3月25日(月)に、私たちの活動拠点である西新宿で開催することになりました。
クリテリウムとは、都市をフィールドに市街地などに設定された1キロから5キロほどの短い距離の周回コースで競い合う「自転車レース」です。
「東京クリテリウム・プロジェクト」は、普段見慣れた市街地を舞台に繰り広げられるスリリングな自転車レースを、物のカタチをふくめた物ごとの仕組みをつくることにたけた、デザイナー、建築家、あるいは自転車とはあまり関係のない一般人の視点で提案するところに意義があるのでは、と僕は思っています。
カジュアルな自転車乗りの一人で東京クリテリウム・プロジェクトのメンバーである僕は、友人たちとの活動でもある『何に着目すべきか?』、あるいは、市井の人びとの日常のふるまいを記録した「考現学」的なアプローチで、新宿、六本木、丸の内エリアを中心とした駐輪場の現状調査報告「TOKYO PARKING AREA for BICYCLES.」をプレゼンテーションします。
東京を自転車で楽しむ、楽しくするための気軽な集まりです。フォーラム開催後は自由参加の懇親会もありますので、ぜひご参加ください!

 

●開催日時 2013年3月25日(月)

開場:17時30分

▼東京クリテリウム・プロジェクト・プレゼンテーション(18:00~18:20)
千葉 学(建築家/東京大学大学院准教授)
荒木信雄(建築家)
猪熊 純(建築家/首都大学助教)
白井宏昌(建築家/滋賀県立大学非常勤講師)
中崎隆司(生活環境プロデューサー/建築ジャーナリスト)

▼東京駐輪場調査報告(18:20~18:30)
加藤孝司(デザイン・ジャーナリスト)

▼フォーラム(18:30~19:30)
倉田直道(工学院大学建築学部まちづくり学科主任教授、アーバン・ハウス都市建築研究所代表)
伊藤 弘(デザイナー/グル―ヴィジョンズ代表)
松本哲弥(建築家/建設会社勤務)

モデレーター:千葉学(建築家/東京大学大学院准教授)

●開催場所

ダイキンソリューションプラザ「フーハ東京」会議室

東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル2F(南西角)

●参加費無料
●定員50名
●交流会(19時30分~20時30分)会費:500円(参加は自由です)。
●特別見学会(17時~17時55分)

東京クリテリウム・プロジェクト実行委員会事務局

criterium@goo.jp
主催:東京クリテリウム・プロジェクト実行委員会

https://www.facebook.com/tokyocriteriumproject


カテゴリー: 未分類 |